株主総会のあれこれ

 2024/06/30 Sun

水星の魔女

水星の魔女 JUNE BRIDE FES 2024 グエスレオンリー、開催おめでとうございます!
参加されたみなさま、おつかれさまでした!
ネットから得た情報で、こっそり雰囲気をお裾分けして頂いて、
私も存分に楽しむことができました。
結婚おめでとう&幸せになってね〜、ていうか絶対なる!!

そんなハッピーな前置きから繋げてしまうのが申し訳ないのですが、
せっかく先週からちまちまとメモっていたのだし、
もったいないから出しちゃっていい? いいよー!(1人2役)
水魔女ってほんとうに、次から次へといろいろ起きますよねぇ。
株主総会とか例のアンソロとか、
あえて触れない方がいいのかな、とも思いつつ、
自分の中のもやもやをこのまま抱えていくのも苦しいので、
完全に出遅れて今さら感がものすごいけれど、こっそり書いておきますね。

まぁ、私がこれから書くだいたいのことは、
たぶん、すでにネット上で他の方々が交わされたご意見だろうけれども。
とりあえず、今日のところは株主総会の件だけですが。

あ、アンソロの件は、公式の対応が不明なので、しばらく様子見をしています。
二次創作が全面禁止になる可能性もある、と気付いた時は、
めちゃくちゃ動揺しちゃったけれど、
なーんか、バンナムはこの件についてもスルーしそうな気がしています。
スレッタ単独のイラスト集表紙を破り捨てる、例の悪質なコラに対しても、
今に至るまで放置を決め込んでいる組織なので、
私の中では負の信頼感がとてつもなく強固です。

普通は、自社の作品の主人公がそんな扱いをされたら、
即、訴えてもいいくらいだと思うのですが、
ミオリネに何かされない限りは、動かないんじゃないですかねぇ。

1週間ほど前に行われたという、バンダイナムコの株主総会。
私はその場には参加しておらず、
他の方々がネットに上げて下さった情報のみを頼りに、これを書いています。
そのため、もしかしたら事実とは異なる場合もあることを、どうかご了承下さいね。

ところで、実は私も、S2開始直前あたりまでは、
バンナムの株を買おうかと、けっこう真剣に考えていたんだよね。
S1、細かい不安や不満もあるにはあったけれど、
こんなに夢中にさせてくれたお礼をしたい! って。
あの頃は楽しかったなぁ。
まぁ、今でもけっこう楽しんでいますが。

それはともかく、私が現在把握している情報は以下のとおりです(↓)。
  • 某誌インタビュー記事内の「結婚」が電子版で削除されたことについて、
    参加者からその意図を問う質問があった
  • (↑質問というか、結婚を認めて祝福するよう強要していた)
  • 質問者は与えられた時間を超えて訴えていた(計5分?)
  • (↑議長は途中で簡潔にまとめるよう求めたが、続行された)
  • 「質問者の話し方が独特で、要点がよくわからなかった」との声あり
  • 質問に対する回答は、当時の声明と同一で、
    「視聴者それぞれの解釈に委ねる方針」だった
  • なお、この質問が出たのは、
    議案や運営、役員選出などに関するものを募ったタイミング
    (今回の質問が妥当なのかどうかは微妙)

私がこの件を知った時の素直な感想は「う わ ぁ」でした。
何か、ものすごく、恥ずかしかった……。
や、やめろ、やめてくれ……。

これ、ここに至るまでのあれこれを知っている身としては、
「あー、あちらの方々かぁ」とわかるけれど、
作品をよく知らない人からは
ひとまとめに「水魔女ファン」って見なされるだろうし、
そもそもアニメやゲームに興味のない方からすれば、
ぐるっとひっくるめて「オタク」扱いされるだろうからさぁ……。

いや、うん、まぁ、一般人としては、
こういう時しかバンナムの偉い人と直接お話しする機会がないから、
チャンスを逃したくなかった、っていう気持ちはわかるのですが、
あの声明文が撤回されることはないと思いますよ。
社としてのスタンスは「解釈は委ねる」で、
「結婚」削除の理由は「本人の発言内容と異なるから」で、
それ以上でも以下でもないんでしょ。

私としては、結婚云々よりも、
作中の「ガンダム」の扱いに対して思うところはないのか、
聞いてみたいところですけれども。
「『禁忌の機体』として登場して、それを覆すこともないまま、
 主人公に重度の障害を負わせて謎のキラキラで消えてしまいましたが、
 これは、長年培ってきたブランドのイメージを損なうものではないですか?」
って。

前の鉄血でも、ミカ(主人公)がボロボロになりながら戦っていたけれど、
水魔女はそもそも、「呪い」がテーマとか言ってたんだし、
「ガンダムは怖くないよ!」は必ず達成されると思っていたんだけどなぁ。
テーマがいつの間にか「赦し」に変わっていたし、
もう、そこらへんについてはスルーしてあげるべきなのかなぁ。

あと、看板カプをお好きな方々は、バンナムを目の敵にしているみたいだけれど、
矛先を向ける相手を間違ってるんじゃないのかなぁ、と思ってしまいます。
というか、そもそも、現実のLGBT関連とフィクションにおけるBL・GLを、
同等同列に扱うこと自体がおかしいと思うんだけどなぁ。
今の異常な盛り上がり(?)は、ツッコミどころ満載すぎて……。
もともと、看板カプ推しの方々の言い分って、女子2人については、
「どっからどう見ても愛し合ってる&結婚してる」じゃなかったっけ?
だからこそ、それとは異なる解釈をする人々を、
「頭おかしい」「本編エアプ」と徹底的に攻撃してたんでしょ?
あと、最終回直後には、たとえば2人の結婚式を本編中で描かなかったことを、
「男女カプ推しに配慮した」とか「あえて視聴者の想像に委ねた、粋だ」とか、
肯定的なご意見がけっこう多く流れてきた記憶があるのですが、どうでしょう。

しかも、監督がBlu-ray最終巻のブックレットにて、
2人の結婚を明言していたんでしょ?
それに、バンナムは別に、彼女たちの結婚そのものを否定したのではなくて、
「そうじゃない解釈もアリだよ」って言っているだけでしょ?

女子2人限定とか、セット売りのグッズも山ほど出してもらって、
今度の女子2人オンリーの一番くじにもタイトルに「祝福」までつけてもらって、
それでもまだ、「祝福」が足りないんだ……?
えっ、十分祝福されてませんか……????

まぁ、私に言わせてもらえば、
曖昧にぼかして逃げているのは、制作陣の方だと思うんだけどなぁ。
最初から2人の結婚で締めくくるつもりなら、
男女間の恋愛描写はただのノイズで尺取り虫だし、
ラスト3話な状態でようやく仲直り(?)させるとか、
あまりにもペース配分が下手すぎるでしょ。
それに、結婚を目指して話を組み立てているなら、
クライマックスやエピローグに結婚式を持ってくるのが自然な気がしますが、
決定的な描写をことごとく避けているのは、どうして?
純粋に尺が足りなかったというのなら、
エンドロールに、結婚式の写真を載せるとか、
エンドカードをそういうイラストにするとか、
いくらでも手はあったし、それを思い付かないはずもないのに。

あと、彼女たちについては、
「愛情ではなく友情でもなく、ただの依存関係」
「スレッタの依存先が、プロスペラからミオリネに移行しただけ」
と解釈する声が少なくないし、私もその1人です。
「依存関係にある恋人同士」が制作陣のヘキで、
まさに彼女たちをそう描こうとしていたのだとしても、
プロスペラからミオリネへ、あえてそこらへんの指摘をさせていますよね。
つまり、作中で「良くはないもの」として扱っていることを明示したんだから、
それを脱却したという描写もちゃんと見せないと、
最後の最後まで、2人がお互いにとってどういう関係なのか、
このままで大丈夫なのか、心配になってしまいます。

監督が本編外で「結婚」と明言している一方で、
メイン脚本家は「ミオリネを人として好きなのはシャディクだけ」とも言っていて、
さらにはバンナムが「解釈自由」と匙を投げていて、
もう、何だこれ? 何なんだ、これ????

そういえば、
「女子2人の結婚を終着点としながらも男女間の恋愛描写を入れたのは、
 それぞれに『ちゃんと(?)異性にもモテる』という付加価値をつけるため」
というご意見を見たことがあります。
「異性にも想われている上で、あえて同性を選ぶことに意味がある」、
とかね。
これについては、
「同性愛を異性愛と同じように、差別することなく扱ってほしい」
というのが当事者たちの原初の願いだと思われるのに、
両者に優劣をつけるような、余計な意図が感じられて、
そもそも矛盾しているのでは、と思うのですが、どうなんだろうなぁ。

最終話ではむしろ、エラ←スレやシャディ←ミオを念押しされたように見えて、
だからこそ私はますます混乱してしまったのですが、
何がしたかったんでしょうかね、公式は。
そろそろ1年経つのに、本気でわからないままです。
私自身は、あの2人を「百合」と称することに抵抗がありますが、
ぶっちゃけ、この水魔女では、
百合要素も新規層開拓のための釣りでしかなかったと思っていますよ。
新しいガンダムアニメを作ろうとして、
イマドキっぽい要素の1つとして入れてみただけ、という印象。
元ネタの「テンペスト」を参考にして「結婚させた」、ってだけで。
でも、制作陣のセンスがびっくりするほど前時代的で、
扱った要素それぞれに対しては、特に興味も熱意もなくて、
何が言いたいのかわからない話になってしまって、
遅れて全話視聴した方々からも続々と「何だこれ?」と声が上がっているのが、
今の状況だと思います。

あと、すでにあちこちで何度も指摘されているご意見ですが、
「同性婚は特にめずらしくもない」といった世界観を
第1話でミオリネの台詞で表現したにも関わらず、
本編中で一度も他の同性カップルを登場させていないのも、
よく考えたら、ちょっと不自然なんだよね。
「距離感の近い女性コンビ」は何組か登場していますが、
「男性同士のカップル」も、そういえば見かけなかったし。

ここらへん、LGBT絡みでバンナムに反感を持っている人たちは、
何故かスルーしているのも不思議。
本編のこういうところ、気にならないのかなぁ。

結局、「有名コンテンツで主人公カプが同性婚をした」という事実が欲しいだけで、
スレッタのこともミオリネのことも、本心ではどうでもいいんだろうな。
そして、本編中の描写だけでは2人の絆に確信が持てなくて、
公式のお墨付きがないと不安でたまらないんだろうね。
「過剰な攻撃性は、自信のなさの裏返し」と聞くけれど、
そうなんだろうなぁ、と思う。
(ん、あれ? この話、前にもしたな? ま、いっか!)

「はやっているから好き、推す」とか、
「公式カプだから好き、推す」とか、
それがあなたの主義ならば、別にどうでもいいけれど、
それは他者の好みや解釈を否定する言い訳にはならないよ。

そして、あの女子2人の結婚に疑問を投げかける人が多いのは、
ただ単純に、本編中の描写が薄いのと、
依存や暴力などによる関係性が問題視されているからであって、
同性愛や同性婚に対するものではないですよ。
それなのに、否定的な意見に対して、どうしていつも一方的に
「同性愛差別!」と殴りかかってくるんでしょうね。
お得意の「読解力」はどこへ行ってしまったのでしょうか。
いつも不思議でしょうがないです。

女子2人がバディを組むことを素直に期待していた身としては、
迷走したままハッピーエンド風に締めくくってごまかしたことに、
今なお腹を立てています。
最推しがグエスレなので、信じてもらえないかもしれませんが、
グエスレが本編で成立しなかった悲しみと同じかそれ以上に、
彼女たちの扱いが雑で曖昧だったことに、怒りが収まらないよ。
友情でも愛情でも、別にどちらでもかまわないから、
ちゃんと絆を育んでいく様子を見守っていきたかったよ。

それから、もう1つ。
「『質問者の話し方が独特で、要点がよくわからなかった』との声あり」
の件ですが、他の参加者さんからの情報を総合すると、
いわゆるオタクっぽい喋り方(疑問形&半笑い)をされていたとのことで。
これについては「あ〜、私もスピーチ苦手なんだよね〜」と共感しつつも、
やっぱり「やめろ、やめてくれ……」と思ってしまいました。

質問者さんはどうやら、望んだとおりの回答が得られるまで、
というか「結婚」削除が撤回されるまで、追及をやめないようなので、
せめて、次回までに少しでも、そこらへんを改善できるといいですね。

先日、プロローグ内のデリングの演説について少し書きましたが、
ちょうど、それを読み返したり、
過去にプレゼンについて学んだり実習した時のことを思い出したタイミングで
この件を知ったので、
おかしな言い方ですが、他人事ではないような気分です。
何だろうこれ、共感性羞恥心ってやつ?
声とか喋り方って、影響、大だよね。
なかなかそういうの、自覚できる人って少ないし、
周りが指摘するのも難しい部分もあるけれど、
歴史上有名なドイツのあの人なんかも演説だけは素晴らしかったと聞くから、
ちょっと気にしてみてもいいんじゃないですかね。

ついでに、デリングの演説についての補足もしちゃうけれど、
内容が無茶苦茶で強引だったとしても、
あんないいお声で、朗々かつ堂々と語られたら、
ボケ〜っと聞いていたら、何かいい感じに聞こえちゃうよね。
正義はここにあり、って思わされちゃうよねぇ。
……っていうのを、ちょっと思ったりしていました。

……すみません、何かちょっと、話ズレましたね?
ま、これもここの通常運転の範囲内なので、仕方ない仕方ない。

そういえば、もう1つ。
この件の質問者さんとは無関係のようですが、
今回のその株主総会には、女子2人(あるいは片方?)のコスプレをした方も
参加されていたと知りました。
これ、私にはちょっと驚きだったのですが、別に普通なのかな?

ご本人的には正装あるいは盛装のつもりなのかもしれませんが、
同人イベントではないところで、そういうの、やっていいのかなぁ。
オタク文化に慣れ親しんでいない方々からすれば、
ふざけた態度と取られかねないし、
その作品やそのキャラにマイナスのイメージを持たれる一因になりそうですが、
大丈夫なんでしょうか。
これはただ単に、私の感覚が古いだけなのかなぁ……。

服装というか、ファッションについては、
ちゃんとした衛生観念のもとで、TPOを守れていれば、
基本的には本人が好きなものを自由に着ていいと考えている私ですが、
ちょっと気になってしまって。
うーん、私は株主総会に行ったことがないし、コスプレも未経験だし、
身近には詳しい人もいないので、よくわからないや。
「コスプレしたことあるよ、服も作ったよ」という友人はいますが、
それをメインにしているわけではないし、けっこう前の話だからなぁ……。

水魔女にはまって以来、これまで知らなかったことにどんどん触れていて、
まだまだ世の中、わからないことだらけだな、と思い知らされています。

You may also like

Labels

Archives

Recent Posts

Profile

桜衣淑乃(SAKURAI Yoshino)
めんどくさがりやの凝り性
ラクをするための手間は惜しまず
お茶と焼き菓子とぬいぐるみが好き
本館サイト「花楽紗【KARAKUSA】」

HOMETOPCONTACT

Powered by Blogger | Designed by QooQ