「アラジン」(実写版)

 2021/05/25 Tue

エンタメ

映画

先日録っておいた「アラジン」を鑑賞。
2019年公開の実写版です。
アニメ版は過去に見た記憶はあるものの、
こちらは気になりつつも見に行けなかったので、
見る機会を得られてとてもうれしかったです。

すっごくおもしろかったなぁ!
「最初のCMまで、とりあえず見てみよう」
と夜ごはんのお供に見始めたら止まらなくて、
そのまま一気に見終えてしまいました。

シンプルなストーリーもいいけれど、
衣装とか、美術というのか、セットの全てが、
鮮やかで派手かつ上品&艶やかで、目の保養でしたねぇ。
あと、魔法の絨毯がとにかく可愛かった!
動きとか、ちょっとした仕草とか、表情豊かで。

お猿のアブーと虎のラジャーも、あとオウムのイアーゴなんかも
みんなCGだろうけれど、みんな生き生きしていて楽しかったです。

そうそう、アニメ版と比べると、
ジャスミンの印象がけっこう変わりましたよね。
アニメの方は、もう細かいことはあんまり覚えていないけれど、
こちらでは「王位を継ぐ者としての自覚と責任」みたいなものが
より強調されていたように思います。かっこいい!

侍女のダリアさんも、いいキャラですよね。
姫との距離が近くて、親友とか姉みたいな存在にも思えたし、
ジーニーからのお誘いにエキサイトする様子も楽しかったです。

ミュージカルシーンはどれも素敵だったけれど、
特にラストのインド映画っぽいダンスが印象に残っています。
少し前に「ムトゥ」を見たばかりなので、余計にキャッキャしてしまいました。

ディズニーアニメの実写リメイクは
これまでに「シンデレラ」や「美女と野獣」も見たしどれもいいけれど、
この「アラジン」が断トツで気に入りました。満足。

Labels

Archives

Recent Posts

Profile

桜衣淑乃(SAKURAI Yoshino)
めんどくさがりやの凝り性
ラクをするための手間は惜しまず
お茶と焼き菓子とぬいぐるみが好き
本館サイト「花楽紗【KARAKUSA】」

HOMETOPCONTACT

Powered by Blogger | Designed by QooQ