「オリエント急行殺人事件」(三谷幸喜版)

 2016/01/20 Wed

エンタメ

テレビ

先日録画しておいた三谷幸喜脚本のドラマ「オリエント急行殺人事件」を
ようやく見ることができました。
原作は有名らしいのですが、私は未読&未見だったので、
とても楽しめました。

物語の舞台を昭和初期の日本に置き替えているけれど、
原作をどれくらいアレンジしているのかな、
と思って少し調べてみたら、
例えばドラマの後半(事件が起こるまでの経緯)は
まるっきり三谷さんの創作だったのねぇ。
完璧だったはずの計画が少しずつほころんでいく様子とか、
12という数にこだわる大佐とか、
三谷さんらしい喜劇的要素が含まれているように思ったけれど、
そうかぁ、そうだったのかぁ。

あと、登場人物の名前も、
ちゃんと原作をある程度は反映したものになっていて、
比較してみるとちょっと楽しかったです。
「オリエント急行」が「特急東洋」、うんうん。
「ハバード夫人」が「羽鳥夫人」、うん。
そして「アームストロング大佐」が「剛力大佐」!
こういうセンス、好きよ。

最後は、ポワロは、いや、名探偵勝呂は、見逃しちゃうんだね。
ここ、右京さんだったら絶対許さないだろうなぁ、
ぷるぷるしちゃうんだろうなぁ、と思いながら見ていました。
あー、おもしろかった!

Labels

Archives

Recent Posts

Profile

桜衣淑乃(SAKURAI Yoshino)
めんどくさがりやの凝り性
ラクをするための手間は惜しまず
お茶と焼き菓子とぬいぐるみが好き
本館サイト「花楽紗【KARAKUSA】」

HOMETOPCONTACT

Powered by Blogger | Designed by QooQ