「蟬しぐれ」

 2021/06/23 Wed

エンタメ

映画

だいぶ前に録ったままだった「蟬しぐれ」を、ようやく鑑賞。
原作は藤沢周平の小説で、過去に何度か映像化や舞台化されているようですが、
私はこの2005年公開の劇場版で初めて触れました。

藤沢氏が原作の、いわゆる「海坂(うなさか)もの」で
(架空の藩を舞台とした時代小説)、
これまでに鑑賞した作品と同様に
「わかりやすいハッピーエンド」ではなかったけれど、
これはもう、この作者の嗜好とか、世間一般が時代劇に求める傾向とか、
そういうものなんだろうな、きっと。
でも、いろいろな問題が解決されたのはよかったなぁ、と思います。

少女時代のふくちゃん(ヒロイン)が、とにかく可愛らしかったです。
その成長後を演じているのは木村佳乃なのですが、
これまた美しくて、切なくて、でも、芯の強さも感じさせて、きれいでした。
木村佳乃はバラエティなどで見かける親しみやすい雰囲気も
大好きな役者さんですが、
最近では「青天を衝け」の平岡さんの奥さんもチャーミングに演じてらして、
途中からはその役とも比較しながらこの作品を見てしまいました。

切ない余韻が残る物語でしたが、たまにはこういうのもいいですよね。

Labels

Archives

Recent Posts

Profile

桜衣淑乃(SAKURAI Yoshino)
めんどくさがりやの凝り性
ラクをするための手間は惜しまず
お茶と焼き菓子とぬいぐるみが好き
本館サイト「花楽紗【KARAKUSA】」

HOMETOPCONTACT

Powered by Blogger | Designed by QooQ