「ひぐらしのなく頃に 業」

 2021/03/19 Fri

エンタメ

テレビ

どきどきしながら視聴していた「ひぐらしのなく頃に 業」が
最終回でした。
旧作に倣って言えば、この「業」は出題編で、
解答編に当たるらしい「卒」は7月放映らしいので、
この先どうやって風呂敷をたたんでいくのか
不安の大きいままで待ち続けるのは、ちょっとしんどいなぁ。

沙都子が怪しい、というのはわりと序盤の方からネット上では指摘されていたけれど、
もしもそういうのを完全にシャットアウトして見ていたら
たぶん私は全く予測できなかったと思います。
みんなすごいなぁ。

いろいろこじれてしまった要因は
梨花ちゃんと沙都子のどちらにもあって、
もともとドライかつそれなりにいい歳になってしまった自分としては
「合わなくなった相手とは無理に合わせるな」
「相手を変えようと思うな」
と言ってしまいたくなります。

でも、そうだよねぇ、2人ともハードな過去があって、
その生い立ちから影響された性格が
お互いにがっちりはまったまま裏目に出てしまった感じで、
いやー、どうするんだ、これ……。

私は他に旧作の出題編しかよく知らない状態なので
このシリーズそのものや各キャラに対する思い入れは
それほど強くはないけれど、
特に沙都子が好きだった人とかは、見ていて辛かったんじゃないかなぁ。

最終的にはハッピーエンド、もしくは救いのある結末であると信じたいけれど、
沙都子の狂気が痛々しくて可哀想で、うーん……。

と、とりあえず、「卒」ではできればあんまり怖いシーンがないといいな。
解答編だから、大丈夫かな。
あっ、キャラデザは今作の方が丸っこくて可愛らしくて断然好みです。
旧作では梨花ちゃんのガタガタな前髪がとても気になってしまったけれど、
今作ではすっきりしていて、ほっとしました。

そうそう、OP&EDが、どれもかっこよかったです。怖いけど。
シングルのジャケットイラストで
梨花ちゃんとレナが手をつないでいるのは、
もしかしてレナもループに気付くとかループしちゃうとか、
そういうことなのかな?
詩音が妙に影が薄いのも、ちゃんと理由があるのかな?
謎を抱えたまま、とりあえず待機しています。

Labels

Archives

Recent Posts

Profile

桜衣淑乃(SAKURAI Yoshino)
めんどくさがりやの凝り性
ラクをするための手間は惜しまず
お茶と焼き菓子とぬいぐるみが好き
本館サイト「花楽紗【KARAKUSA】」

HOMETOPCONTACT

Powered by Blogger | Designed by QooQ