「花のあと」

 2021/02/03 Wed

エンタメ

映画

だいぶ前に録っておいた「花のあと」を鑑賞。
藤沢周平原作で北川景子ちゃんが主演の時代劇です。
おもしろかったー!
わくわくするような、とか、胸のすくような、というのとは違うけれど、
よかったなぁ、と思えるお話でした。

許嫁(いいなずけ)があんな人なんて可哀想、なんて
最初のうちは思ってしまっていたけれど、
才助さん、すごくいい人でしたね。
私、お以登(いと)ちゃん(ヒロイン)が呼び出した時は
てっきり彼に破談を申し入れるのかと思ってしまいましたよ。
そんなに好きでもない(少なくとも当時は)人にあんな相談するなんて、
とちょっとびっくりしたけれど、
よく考えたら、あの時代の人、特に女性は
親が決めた縁談に逆らうなんてことはしなかっただろうし、
親にはできない相談だから、まぁ、無理もないか……。

そして、その時すでに才助さんは
お以登ちゃんの、孫四郎さんへの想いにも気付いていただろうけれど、
断りもせずに受け入れて、彼の死の真相を調べて、
敵討ちの後始末も請け負ってくれて、
いい人なだけじゃなくて、実はかなり有能なんだよね。
こりゃあ後々、筆頭家老にもなるわぁ〜。

お以登ちゃん、物語の冒頭からほとんどずっと表情が硬いままだけれど、
最後の最後で、ようやくふわっと笑うんだよね。
あれは、才助さんのことを心から受け入れた、ってことなのかなぁ、
と思いました。

あっ、剣士姿のお以登ちゃんも、とっても素敵でしたよ〜!
ポニーテールが凛々しくてかっこよかったです。

Labels

Archives

Recent Posts

Profile

桜衣淑乃(SAKURAI Yoshino)
めんどくさがりやの凝り性
ラクをするための手間は惜しまず
お茶と焼き菓子とぬいぐるみが好き
本館サイト「花楽紗【KARAKUSA】」

HOMETOPCONTACT

Powered by Blogger | Designed by QooQ