「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」

 2012/11/23 Fri

エンタメ

映画

うきうきそわそわしながら
「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」を観に行ってきましたよ。
もっともっと、男くさい場内を予想していたのに
私よりずっと年下に見える女の子たちもたくさんいて、ちょっとびっくり。
お昼を挟んだ時間帯の上映だったので
途中でおなかがきゅるきゅる鳴り出してしまい
そっちの意味でもどきどきしつつの鑑賞でした。
あ〜、もう〜、うわああ!
というわけで、以下にざっくりとしたメモを残しておきます。
大した内容ではないけれど
ネタバレを気にする方はお気を付け下さいませ。

鑑賞中の素直な感想を
なるべくストーリーの流れに沿って順に書き出していくと、こんな感じ(↓)。
  • リッちゃんが髪切ったー!

  • 青葉シゲルが茂ってるー!(あごひげが)
    (序や破でも、あんなだったっけ? あれ?)

  • ミサトさんがかっこいいけど冷たすぎて怖い……。

  • ぶ……、ぶんた? ぶんたー?(ヴンダーでした)

  • ぶ……、ヴィレ? 反ネルフ……!

  • トウジの……妹! 14年!

  • アスカのパンチがすごすぎる。

  • 綾波……。

  • カヲルくんは相変わらずカヲルくんでした。

  • 冬月さんの前髪の後退っぷりに、時間の経過を思い知らされる。

  • 写真にマリちゃん写ってる!?

  • ごはんがとってもおいしくなさそう。

  • トウジは、みんなはどうしてるんだろ。加持さんは……。

  • 白い馬が寄り添うカットで笑いそうになったよ。

  • せめてカヲルくんの言葉には耳を貸そうよシンちゃん……。
    でも、いろいろ可哀想で無理もないか、とも思ったよ……。

  • がふ、って何さー!?(宗教由来の用語だったみたい?)

  • マリちゃんのふんにゃかした言動が何だかすごく好きでした!
    メンゴメンゴ〜、とか。
    それでいて、何か、俯瞰してる感じがするんだよねぇ。

  • 予告のあのエヴァは、2体の合体型?

新情報が多すぎて、わからーん!って部分だらけです。
TVシリーズの頃と同様に、
表面的な事柄を受け止めるだけで精一杯でした。
物語として、今、何が起きているのか、
半分もわかっていないだろうな、という自信があります。
でも、それでも必死に追いかけてしまうんだよね、この作品は。
私が世界観モエ、雰囲気モエをしてしまうからでしょうか。
(ムードに弱い天秤座)

だけど、やっぱりもう少しストーリーを理解したいので
家に帰ってからいろいろ考察サイトを渡り歩いて
今、うはうはしているところです。
みんな、すごく勉強してるんだなぁ……!
わかりやすいまとめサイトとかもあって、すごく楽しい。
考察って、こういうことを言うんだね。
うちのサイトの「人物考察」とは大違いですね!
(いや、だってあれ、もともと仮タイトルのつもりだったんだよぅ!
 他に適当なのが思い付かないからそのまま放置してるだけで……!)
んー、しかし、これ、最後にどこへ行きつくんだろうなぁ。
結局は、どうとても解釈できてしまうような、
観客側に委ねるようなラストに仕上げてきそうだもんなぁ。
まぁ、それはそれで、いいか。
私のように、上っ面の浅いところをすくうだけでも、
あれこれ解説&考察している人たちみたいに
深いところまでとことん掘り下げてみたとしても、
どちらでも十分に楽しめるというのが
この作品のいちばんの魅力だと思っていますので。

時間と懐具合に余裕があれば、もう少し情報を整理した上で
2回目を観に行ってしまうかもしれません。
TV版と昔の劇場版と今回のとで
設定が少しずつ違っている部分があるので、混乱するなぁ。
ループ説とか、いろいろおもしろい解釈が出ているけれど、
だめだ、わからん。
私は今のままのスタンスでエヴァを楽しむよ!

Labels

Archives

Recent Posts

Profile

桜衣淑乃(SAKURAI Yoshino)
めんどくさがりやの凝り性
ラクをするための手間は惜しまず
お茶と焼き菓子とぬいぐるみが好き
本館サイト「花楽紗【KARAKUSA】」

HOMETOPCONTACT

Powered by Blogger | Designed by QooQ