歯列矯正:歯磨きが難しい

 2011/05/27 Fri

歯列矯正

10連休やら土曜出勤やらDQ5で廃人生活を送ったりやらしているうちに
前回の診察からもう4週間ですよ。
いつも同じことを書いてしまっていますが
ほんとうにあっという間なんだからしょうがない。
というわけで、明日の定期診察の前に、この4週間をざっと振り返りつつメモします。

▼エラスティック(治療用ゴム)については、前回のメモでまとめておいたので割愛。
しかし、もうちょっと違和感があるくらいの方が
効いているという実感がわいてきて、うれしいんだけどなぁ。
最初のうちこそ、夜、眠る前などに歯列がきりきりする感覚に気付いて
「よしっ!」と励まされる思いになりましたが、
今はそれすらわからなくなっていまいました。
会社でも、お昼ごはんの時に外すのを忘れて
食べ始めてから「あ」とこっそり外したり、なんてこともしばしばです。

▼エラスティックそのものには違和感がないのですが
これを引っ掛けるためのフックを付けた関係か
それとも、ワイヤーの微調整の影響なのか
前回の診察以降、歯磨きにやたらと時間がかかるようになりました。
ものすごーく、いろいろ、ひっかかる。
歯間ブラシが大活躍です。
気のせいなのか、聞かされた以上に装置が複雑になったのか。
朝、歯磨きに夢中になって支度が遅れて
いつもより1本遅い地下鉄に乗ることがとても増えました。

▼ところで、エラスティックのことをぼんやりネットで検索している時に
「矯正治療の仕上げ段階で用いるもので云々」という記述を見つけて
ぐぐぐーんとモチベーションが上がりました!
仕上げー!? マジでー!!
いや、今まで目にした矯正ブロガーさんの中では
わりと早い段階から着用している方も多かったのですが、
歯列の微調整として用いることも多い、らしい、です。
(さらっと検索して流し読みしただけなので、情報の正確性に自信はないです……)
まぁ、その微調整にこそ時間がかかりそうな気もするので
装置が外れる時期の目星がついたわけではありませんが、
それでも、やっぱり、うれしいな。

▼そうそう、肝心の歯並びについては、正直あまり変化が感じられません。
右上の犬歯周辺が、まだちょっとがたがたしているなぁ。
右上前歯も、微妙に出ています。
治療前のいわゆる出っ歯のような、ズビャッと傾いて飛び出すのではなく、
傾きは垂直のまま、左上前歯よりも1mmくらい出っ張っている感じ。
あっ、でも、上の歯列と下の歯列が
前と比べると、噛み合わせが良くなってきた……かな……?
それぞれの水平面の傾きが、だいぶ近くなってきた……ような……?
目に見えて不揃いだった部分はかなりそろってきた反面
鏡を見て進行状況をチェックする喜びは、少し減ってしまいました。
気長にがんばるしかないよなぁ。

▼顎の関節がカキコキパキコキ鳴る件については
前の4週間と比べるとぐっと減りましたが、
忘れた頃に時々起きていました。
あと、下顎が何故かだるい感じがすることが、しばしば。
右半分だったり左半分だったり、うーん、何だろう。
これはエラスティックの影響なのかなぁ。
歯列矯正

Labels

Archives

Recent Posts

Profile

桜衣淑乃(SAKURAI Yoshino)
めんどくさがりやの凝り性
ラクをするための手間は惜しまず
お茶と焼き菓子とぬいぐるみが好き
本館サイト「花楽紗【KARAKUSA】」

HOMETOPCONTACT

Powered by Blogger | Designed by QooQ