「聲の形」

 2018/08/30 Thu

エンタメ

映画

先日録っておいた「聲の形」を鑑賞。
劇場公開当時、この作品全体ではなく
設定や展開に対する厳しい意見をたくさん見てしまって、
逆にそれらによって興味を引かれつつも
見るのをためらってしまっていました。
見る機会を得られて、ほんとうによかった。

いじめとか、障害とか、自殺(未遂)とか、
原作は未読で前知識のほとんどない状態で見るには
内容が盛り沢山すぎてびっくりしたけれど、
私は嫌悪感とかは抱かなかったです。

ただ、まぁ、小学生時代の硝子ちゃんが
補聴器を8個(だったっけ?)、金額にして170万(?)もダメにされるまで
おうちの人がよく黙っていた(?)なぁ、とは思ったなぁ。
硝子ちゃんが自分の過失だと言い張ったのかもしれないけれど、
自分が親だったら、1つ目……はともかく、
2個目で不審に思って学校に連絡しますが……。

あと、硝子ちゃん&佐原さん側からすれば
主人公だけではなくあのグループ全体が加害者じゃないのかなぁ。
そんな人たちと、また会って一緒に遊んだりしたいと思うものなの?
って、そこに引っかかると物語が展開しないのはわかるけれど、
まさに「ファンタジー」になっちゃってるなぁ、とは思いました。

「いじめの被害者が加害者に恋をするなんてありえない」
という意見を当時も目にしましたが、
これについては、うーん、普通はないと私も思うものの、
硝子ちゃんが当時考えていたこと、今感じていることは
あんまり詳細に語られないままだったのと、
とにかく硝子ちゃんが寛容すぎるのとで、
そういうこともあるかもしれない、ぐらいには思っています。

そうか、私は、この作品に対して
嫌悪感は抱かなかったけれど、
違和感はあちこちに覚えちゃったんだなぁ。
原作だともうちょっと丁寧に描写されているらしいので、
いつか読んでみたいです。

デリケートな題材をいくつも取り込んでいて、
なかなかチャレンジングだなぁ、と思う。
自分にとっておもしろいかどうか、好きか嫌いかはともかく、
そういう作品を世に出す人たちのことは尊敬しています。

Labels

Archives

Recent Posts

Profile

桜衣淑乃(SAKURAI Yoshino)
めんどくさがりやの凝り性
ラクをするための手間は惜しまず
お茶と焼き菓子とぬいぐるみが好き
本館サイト「花楽紗【KARAKUSA】」

HOMETOPCONTACT

Powered by Blogger | Designed by QooQ